ドイツは、3月の中旬頃が需要も消費もパニック状態でしたが

 

最近は、ほとんどの製品が通常通り購入できるようになり良かったです。

 

 

 

 

 

 

規制が緩和されてから人が増えてきました。

 

観光客も少しずつ増えてきていますが、

 

最近は、英語圏のお客様が多いです。

 

お客様が安心してお買い物をしていただく為に

 

抗菌消毒剤は欠かせませんが

 

お店の入り口に肌に優しいオーガニック製のハンドケアを

 

置いています。

 

入店するときと買い物の後に手を消毒してもらいますが

 

安心して気分良く買い物ができると喜んでいただいてます。

 

もちろん私も必要以上に自分自身の消毒に心がけています。

 

 

 

 

 

 

こちらは、手の消毒剤ではなく家具や物に対して素早く除菌をします。

 

爽やかなラベンダーの香りなので空気中にもスプレーします。

 

アルコール成分が高いので日本への発送は、残念ですが

 

できません。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、自分で手作りの消毒剤を作っています。

 

アロマテラピーで人気のティーツリーオイルは、

 

精油の中でも殺菌抗菌力に優れ安全性が高く

 

心にも身体にも優しい住環境を作ります。

 

水(水道水で大丈夫です)100mlに対して酢を50ml、ティーツリーオイルを

 

10滴から20滴入れ便利なスプレーボトルに入れ使用します。

 

お部屋の空気を健やかに浄化し香りもリフレッシュさせます。

 

カビ防止や拭き掃除に使用できるので万能です。

 

酢も抗菌殺菌効果があります。

 

よく掃除で使用されますが、酢による処置で細菌が

 

大幅に減少するという研究結果もあります。

 

スーパーマーケットでトイレットペーパーなどが売り切れになった

 

パニックの時期に酢も売り切れていましたが

 

ウィルス対策として沢山の人達が買っていました。

 

またマスクは毎日の必需品なのでマスクにスプレーすることで

 

除菌やリフレッシュ効果があります。

 

水とティーツリーオイルとエタノール、またはアルコールの配合で

 

フェイスマスクにスプレーしている人もいるようですが、

 

エタノールとアルコールを含んだフェイスマスクを顔の肌に直接当てることは

 

肌荒れの原因になるのであまりオススメしません。

 

水とティーツリーオイルと酢の配合がオススメです。

 

ティーツリーオイルやティーツリーオイル配合のマウスウオッシュは、

 

ウィルス対策には欠かせない商品です。

 

オーガニックショップ ラブリーのショップで購入が可能です。

www.organic-lovely.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木綿のフェイスマスクは、フィルターとワイヤー付きです。

 

内側はフィルター生地が入れられるポケットもついています。

 

色々な柄があり値段は5,99ユーロなので値段は日本円で約700円です。

 

長いあいだ装着していても苦しくないのが嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツは、公共の建物内で必ずフェイスマスクをしなければなりませんが

 

外でしなければならないという規制はありません。

 

付けたり外したり面倒だと思っている人も多いです。

 

もともとフェイスマスクをする習慣がないので装着に違和感を持っている人が

 

多いです。

 

スカーフやネックウォーマーを公共の建物内で

 

フェイスマスクがわりに使用することは許可されているので

 

マスク派とネックウォーマー派に分かれます。

 

これからは、夏に向けて涼しいマスクが必要です。

 

規制は緩和されてもコロナウィルスは終息したわけではないので

 

緊張した状況で生活していかなければなりませんが

 

最近は、人々に笑顔が戻ってきているので

 

終息の希望を持ちながら少しづつ前進していると

 

感じられるようになりました。