スウェーデンの地球温暖化への対策を訴える16歳の少女、

グレタさんのことを知ったのは、つい最近でした。

彼女の国連での勇気ある行動と発言に感動し涙がでました。

私は、15歳の娘にグレタさんの話をしました。

彼女のことを知らないだろうと思って動画を見せようとしたところ

娘に言われてびっくりしました。

" ママ、今頃知ったの? "

既に娘は、随分前から学校の友人とともに金曜日の学校が終了後、

" Fridays for Future 未来の為の金曜日" と書いたプラカードを揚げて

色々な場所に行って活動をしているというのです。

(学校に行くことは子供達の未来につながることだと思うので

休んでまで未来の為の金曜日に参加することは反対ですが...)

私は娘が学校のプレゼンテーションの為に

金曜日に出かけていると思っていたので

環境活動をしていたとは思いもしませんでした。

私と娘はドイツに住んでいますが、最近は、大人達も未来の為の金曜日に

一体となって大勢の人達が参加しています。

大人がしっかりと向き合って考えなければいけないことを

子供達が一体となって行動していることに対して大人として

母親として恥ずかしいと思いました。

グレタさんに対して触れられているアンチの意見は、

地球温暖化の環境対策から目を背けさせようとしている

ことのように感じます。

実際にグレタさんの言っている発言は、バックの何者かに言わされているとか

パッシングする意見がありますが、バックがいるとかいないなど

実際に起こっている地球温暖化問題とは一切関係ないことです。

彼女の発言の危機的な気候変動は、実際に現在起きている問題に対して

とても重要な意見だと思うのですが、、、

子供達が状況と未来を変えようとしている姿勢に大人達が

もっと気づかなければいけない、目を覚まさなければいけないと...

今までの生活をすべて変えることは、簡単ではないですが、

大人達がもっと頑張らなければと思いました。

子供達から学ぶことは多く大きいです。😊

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

あの人が大統領になってしまった...

 

トランプ氏が大統領候補になった頃、

 

日本のバブルの時代を懐かしく

 

思いだしてしまいました。

 

かつて存在した海外投資をしている

 

不動産会社の受付で仕事をしていたときに

 

会社でお会いした彼はまだ若くて

 

素敵な紳士でした。

 

最初の印象は、顔が赤い...

 

この人お酒を飲んでいるのかな...

 

それとも日焼けかなと思いながら

 

次に髪の毛に目がいってしまいました。

 

今ほどではないですが、

 

ちょっと不自然な前髪でした。

 

多分、つむじの位置が少しずれているのかな 

 

なんて思いながら

 

彼のクールでヘラヘラしていない

 

他の人と違う大きなオーラを感じたのを

 

はっきりと覚えています。

 

 

日本のバブルの陰で利益を得ながら

 

バブルがはじけて大損をしてしまった

 

リベンジがありませんように...

 

あの人が大統領になってしまい日本経済は

 

どうなるのでしょうか... 

 

世界も...   😔

 

 

 

 

1