ローテンブルクの秋祭りで

 

今週末は、沢山の人々で賑わっています。

 

ラブリーのお店の前は、いつも祭り会場になるので

 

楽しいです。

 

中世にタイムスリップしながら

 

皆さんソーセージやステーキを食べながらビールを飲んで

 

お店の前は、ビヤガーデン化しています。

 

 

2週間前はワイン祭りがありました。

 

9月の秋祭りといっても30度前後の日が

 

ずっと続いているので

 

ちょっとバテ気味です。。。

 

一番テンションの上がる (ラブリーのお店は、

 

食べ物屋さんの屋台に囲まれます... 😊)

 

クリスマスマーケットまで3ヶ月を切ってしまいました。

 

今年もあとわずかですね。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先週は、ドイツで恐ろしいテロに関わる事件が相次いで起こりました。

 

ローテンブルクは、観光地なのでテロの影響は、大きくなるでしょう... 

 

と考えてしまうのですが、、、

 

実際にローテンブルクの街は、通常通りの賑やかさを保っています。

 

ラブリーの店の前では、外国人観光客の楽しそうな笑い声...

 

道の真ん中で自撮りに熱中している人達...

 

何十人もの観光グループの人達が車に道を譲らずに

車道を占領して歩いている光景... 以前と何も変わってません。

 

先日のニースで起こったトラックのテロ事件を思い出してしまうの

ですが、あのようなことがあっても危機感をもたずに

自分のペースを貫いている人達が多いなあ...

 

そんな光景に感心してしまいます。

 

 

ラブリーのお店にいらっしゃるお客様に

テロの話をすることはないのですが、

 

たまたま買い物に来られた若い韓国人女性に

 

"  テロの事件は、怖くないですか...? " 

 

と私は、聞いてしまいました。

 

聞くつもりじゃなかったのに...

 

" ぜんぜん怖くないですよ...! "  

 

と日本語で言われました。

 

" 何故ですか...? " と聞いてみると

 

" えっ、、、 これ言ってもいいのかなあ... " と戸惑いながら

 

韓国では、もっと恐ろしいことが毎日のように起きているから...

 

と、鮮明な答えが、、、

 

ああ...  声が詰まりました。

 

毎日のように世界中で

心が痛む悲惨なできごとが起きています。

 

中世の時代にタイムスリップできるローテンブルクの街...

 

" ここはまるで中世のディズニーランドのようだね...! "

 

子供のように目を輝かせながら

楽しそうに過ごしている人達を見るのも

平和を感じられるひとときの時間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ローテンブルクのイタリアンレストラン...

 

Michelangelo ミケランジェロで 癒しサービス担当...? の

 

カトリーナちゃんは、猫大好きな私たちの席に

 

必ずついてくれます。

 

レストランの猫は、カトリーナちゃんだけですが、

 

心温まるサービスが受けられる猫イタと

 

私は、勝手に思っています。

 

食べている人の邪魔をしたりテーブルの上に乗るような

 

ことなどしない礼儀正しくスマートな猫ちゃんです。

 

うちの猫達とは、違う、、、

 

 

 


 

 

 

気持ちよさそうにグーグーと寝息が... 😊

 

 


 

 

ローテンブルクの街、城壁内には、

 

イタリアンレストランが5件ありますが、

 

ミケランジャロは、唯一素敵な雰囲気のなかで

 

落ち着いて美味しく食べれるオススメのイタリアンレストランです。

 

サービスでプチ前菜とパンをいただき

 

手打ちパスタのアーリオ オリオには、オリーブがたっぷり入って

 

お手頃な700円 !    円が強くなりましたね 、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 






ローテンブルクのマルクト広場... いつも観光客で溢れ賑わって

おります。 約400年ほど前にさかのぼる中世のお祭りの季節が

やってきました。

お祭りの期間は4日間...

中世にタイムスリップできる特別な日。











ローテンブルクの中世のお祭りを

一番楽しみのしているのは祭りに参加している地元民なの

かもしれません。

この町に住んで何が一番の楽しみなのか聞いたことが

あります。

ほとんどの答えは '' 祭り '' でした。










ラブリーのお店の前は中世の頃の居酒屋さん食べ物屋さんの

屋台があります。

ビールはサクランボのチェリービールが人気のようです。

猪ステーキのグリルサンドイッチを売っています。

メニューはドイツ語だけですがツーリストの人は猪と知って

食べているのかなあ... 私は食べれない...






ここ数年はラブリーのお店も祭りに参加しております。

化粧品は外にはだせないので帽子とスカーフの

お店化してます。

お店の前は中世のメインマーケッとになるので入場料

(5ユーロ)を支払わなければ通過できない場所に

なりますがラブリーにご来店されるお客様に限り

''  ラブリー ''   と受付で一言っていただけると


入場券は無料です。


このシステムにするために毎年諦めずに交渉しつづけましたが

やっとお祭りの運営委員会の許可を得ることができました。... ニコッ
 
1