毎年恒例のローテンブルクのクリスマスマーケットが

無事終わりました。

 

やっとひと息つける...!

 

今年のクリスマスマーケットは、1日だけほんの少し雪が降り

晴れた日が3−4日しかなくて

珍しくほとんど雨のクリスマスマーケットでした。

 

ラブリーのお店は、クリスマスマーケット内にあるので

期間内は、クリスマスマーケットのお店に変わります。

 

1年のなかでも特に忙しくなるので終わったあとは、

少し放心状態になります。

 

ブログを長いあいだ更新できませんでしたが

今、ちょうど放心状態でブログを書いています。

 

今年もとうとうクリスマスマーケットを見ることは、

できませんでした。

 

写真はアップできず残念。。。

 

店を閉めた後の暗いマーケットの写真は、

寂しさを感じます。

 

気温がマイナスの日でもお店のドアを

開けているので

凍傷状態になることもありました。

 

今年は、雨が多くて暖冬でしたが

寒い日は、日本からのお客様に

ホカロンを差し入れしていただき

優しさに心まで温まりました。

 

早朝に店を開ける前に隣のソーセージ屋の

ドイツ人のオバちゃんと必ずその日の

天気について話をしました。

 

オバちゃんは、すべてにおいて天気も

神様が決めることだと言っています。

 

"  真冬に雨が多いのは、地球温暖化が問題なのよねえ... "

と私は、オバちゃんに言うのですが...

 

でも根本的に考えてみると...

地球を優しく労わらないことに対して

神様からのお告げもあるのかもしれません...。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもお世話になっているラブリーのスタッフさんと

クリスマスディナーの食事会... 。 

海の幸を美味しく楽しくいただきました。

 

ドイツでは、クリスマスイブの夜からクリスマスにかけて

静かに過ごします。12月25日と26日は、お店も閉まり街は

静かになります。

日本と過ごし方が違うのでドイツのクリスマスは、

少し寂しく感じますが

今日と明日は、料理作りに集中します。

 

メリークリスマス‼︎

皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。😊

 

 

 

 

 

1