私が住んでいるドイツで外国人観光客の上位を

 

占めているのは中国人です。

 

1月後半以降、中国人観光客がいなくなり

 

まるで20年前のドイツに戻ったようです。

 

台湾人の観光客はドイツに来ていますが

 

以前ほどの活気はありません。

 

ここ10年以上、中国人は観光サービス業に

 

貢献しドイツ国内での消費力が大きいです。

 

先月までは、中国から沢山の観光客が

 

日本と同様に多く訪れています。

 

ドイツに住んでいる人でマスクをしている人は

 

ほとんどいませんが感染者は

 

まだ少ないです。

 

感染者がほとんどでていない状況が

 

不思議で色々と考えてしまいます。

 

 

ドイツはオーガニック、ビーガン製品をはじめ

 

健康食品サプリメントに関する市場が

 

毎年大きく伸びています。

 

健康志向の人が多いため免疫力の強い人が

 

多いのかもしれないとか、、、

 

ウィルスの問題は世界の裏事情から起きている

 

ことなのか良くわかりませんが...

 

 

ドイツでマスクをしている人というと

 

顔の整形手術などでマスクが必要な人、

 

病原菌の保持者で医者からマスクをするように

 

勧められている人ですが、

 

マスクは、顔を見られないために

 

隠すものとしてテロリストや強盗犯などの

 

怖いイメージを想像してしまう人もいるようです。

 

日本と違いマスクは、日常生活の必需品として

 

ヨーロッパでは受け入れ難い

 

まだ遠い存在です。

 

 

寒い季節に風邪をひいたり喉が痛い人は

 

マフラーやスカーフで口元と鼻を覆っていますが、、、

 

私はドイツでマスクをしたことはないですし

 

今もしていません。

 

石鹸作りで使用するぐらいです。

 

本当はしなければならないと思うのですが

 

ホコリ予防のようなマスクばかりで

 

本当に予防できるのか疑問もあります。

 

 

日本人観光客のお客様は日本の空港や

 

飛行機まではマスクをしているそうですが

 

ヨーロッパに着陸するとほとんどの人が

 

マスクを外しています。

 

マスクをしていると周りが過剰反応するようです。

 

 

現在ドイツは、日本に比べ報道は少ないですが

 

最近になって中国だけでなく日本を含めアジアの問題と

 

されています。

 

日本人の方からドイツに住んでいる日本人が

 

新型コロナィルスの影響で差別を受けているのではないかと

 

聞かれることもあります。

 

今のところあまり感じていませんが

 

できるだけ外出は控えています。

 

毎年楽しみにして必ず行っている世界で

 

一番大規模なオーガニック製品のメッセに

 

行くことを今年は断念しました。

 

またレストランに行って周りの人に嫌な思いを

 

させてしまうかもしれないとか、、、

 

楽しく食事ができないのではないか、、、

 

などと考えてしまいます。

 

現在は未だドイツ人のお客様も普通に

 

お買い物に来ていますが

 

この先どうなるのかわかりません。

 

1日も早くウィルスが消滅し

 

これ以上被害が大きくならず

 

感染された人達の早期回復を祈ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする