だるい...  
花粉アレルギーの影響も重なり
今日は朝からぐったり...
咳で体力消耗が加わり調子が悪いと気も滅入ります。

お店のなかに帽子をかぶった紳士風の日本人男性が何人かはいってきて
お買い物をしてくれました。

私はぐったり状態を隠しながら笑顔で対応です。

外の様子に目を向けるとラブリーの前は帽子をかぶった紳士だらけでは
ありませんか...

訪ねてみると実は皆さんはお坊さんだったのです。

こんなに沢山のお坊さんを目の前で見たのは初めてのことでした。

皆さんが去った後、再びぐったり...

お坊さんは人の死後を安らかに導くという得があるので

さすが皆さん綺麗な顔をしていたなあ...    

なんて考えながら思い出していると突然、

私へのお迎えが近づいているのかなあ...

不安に思った私は由緒あるお寺の孫でもある
日本の友人にすぐ電話をかけました。

すると彼女は生きている間に
一度に沢山のお坊さんを見るということはそうめったにはないと...

それも異国のドイツで...

それはそうなのですがお迎えの件について聞くと

'' 貴方は守られているということだから安心しなさい''  と言われました。

彼女の言葉でひとまず安心...

そしてお坊さんの来店から数時間経過すると
今度はビンディをつけたインド人女性がお店にはいってきました。

彼女は日本と日本人が大好きでインドで日本語の勉強をしています。

インドからミュンヘンに家族に会いに行く途中にローテンブルクに
立ち寄ったそうです。

私はインドが大好きでアーユルヴェーダの勉強や仕入れの仕事でインドに行く
話をすると目を輝かせて嬉しそうに聞いてくれました。

とにかく明るいエネルギーを持った人なのですが出逢いの感謝ということで
私にビンディのチャクラの目をくれたのです。

でも私はビンディはしなくても
既に眉と眉のあいだに第3の目(ホクロです)があるから必要ないのよ...  ''   と言うと

''  それはわかっているけれど化粧品の感覚でつけてみて...  ''

と言われました.

生まれて初めてつけてみましたがなかなか良かったです。

だるさがとれました...  急に体が楽になって...

ボジティブ感を取り戻すことができました。

病は気からといいますが本当にその通りだと思います。

私からはお礼にジャガイモのクリームをプレゼントしました。

とても喜んでくれて私も嬉しい...

お坊さんとチャクラのお陰で少し元気になれた不思議な日...  ニコッ


 
関連する記事
コメント
コメントする