長崎から 合唱団ひまわり のお客様にご来店いただき
感激しました。

実は、皆さんとお会いする2日前のことですが、車の運転中に
ラジオをつけたところ、日本語の美しい女性の歌声が
聞こえて来ました。

ここは、ドイツなのに何故...?  

もう二度と...  という感動的な歌を聞き
涙がでました。

 
長崎の被爆者の方達で作られた合唱団ひまわりは、歌を通じて
核兵器の廃絶を訴えています。

原爆による悲劇を繰り返してはならないと、平和への思いを込めた歌を
1週間かけてドイツの教会などのコンサートで披露しているそうです。

言葉は違っても
心の愛は、必ず通じると思います。 

とてもラブリーな日でした。

合唱団ひまわりの皆様、どうもありがとうございました... ニコッ







 
関連する記事
コメント
コメントする