私のお店は対面接客で私がひとりでお客様の応対をしています。

なので何人かのお客様の要望を一度に聞くことが難しい時もあります。

一人で何人ものお客様を応対しているときに一番敏感に

感じとってしまうのは人の持っているエゴの部分... 

とても嫌な気分になります。

自分を一番にして欲しいお客様がいるとお店のなかの空気が

変わり他のお客様にも嫌な思いをさせてしまいます。

できるだけそのようなことがないように接客に

気を配らなければなりません。 

臨機応変にね...  

しかし強烈な人が来ると頑張ってもたちうちできない
難しい状況になることも...  

そういうときはお勉強と思ってのりきります。

時に人は自分の目的を達成する為に

まわりが見えなくなるのでしょうか...

50歳を過ぎた裕福そうなドイツ人夫妻がご来店...

私がまだお客様と話をしている途中のところに

割りこんできました。

気に入っている帽子のデザインがあるのですが

旦那様の頭が大きくて帽子がきついそうで大きめのサイズが欲しいと... 

その帽子はワンサイズだけでした。

'' 残念ですけどサイズがすべて同じなのでこれ以上大きいサイズは
ありません。 他のデザインも大きいサイズがありません...''  

勘弁してください... undefined
 
と言ったのですが諦められない様子でした。

私はお待ちのお客様の接客に戻りましたが

そこで頭の大きい旦那様がまた割りこんで同じことを聞きながら

言った最後のとどめの言葉にちょっとびっくりしてしまいました。


'' 大きい帽子が無いというなら僕は頭を切るべきか?
どうしたらいい?''    

と言いながら何度も私に大きな頭を向けてきました。

冗談のような怒っているようにも見えました。

他のお客様よりも自分たちを先にしろと言った態度が

溢れでているではありませんか...

その夫妻の目力が伝わってきました。

思わず頭突きをされるのかと思い怖かった...

なんてデリカシーのない人だろうと思いましたが

’’ 貴方の言うとおり大きな頭なら切ったほうが良いでしょう’’ 

彼の言葉に同調しようものなら訴えられるかもしれません。

美容整形の電話番号を渡したら私はそこで彼らの
笑いをとることができたのでしょうか...


''   私は医者じゃないからわかりません... ''   と

正直な言葉で彼に言いました。
 
ですが旦那様は気分を害したのかいつの間にか
お店から出て行ってしまいました。

(まずい...精神病院の医者じゃないからわからないと
 勘違いしたのかもしれません。
 私が彼の得意げな冗談にのらなかったことがショック
  だったのか... ?
 でも私のなかで冗談として流せなかったので...  )

奥様からは旦那様をかばおうと必死さが伝わってきます。

''  貴方にはユーモアっていうことがわからないの? '' 

彼女はとても怒っていました。

私にとってそれが心ない悪いユーモアに
感じたことを彼女に伝えました。

もし私の大切な人が頭を切って苦しむようなことがあったとしたら
彼がユーモアとして表現した言葉で私はひどく傷ついたでしょう...

病気によって手術の為に頭を切らなければならない人や
辛い思いをする人が沢山います。

表現の自由という正義がかった言葉...

残酷で無神経な表現で
沢山の人達を傷つけテロにまで発展したついこの間の
できごとを思い出してしまいました。undefined
















 


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ハネムナーのお客様
    junko
  • ハネムナーのお客様
    ハネムナー
  • ローテンブルクのクリスマス
    junko
  • ローテンブルクのクリスマス
    Miki Yamashita
  • イギリスからの新製品
    junko
  • イギリスからの新製品
    加藤未来
  • ラビ餃子とジャガテリ
    junko
  • ラビ餃子とジャガテリ
    加藤未来
  • ラビ餃子とジャガテリ
    junko
  • ラビ餃子とジャガテリ
    加藤未来

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM